grantflower 工房便り(ブログ)

生花のフラワーアレンジメントとドライフラワーのフラワーアレンジメント

*

こんにちは!

grantflower藤井です^^

 

昔、生花のフラワーアレンジメントを習っていて一応現在もNFDというところの準会員なんです。

最近はほとんど生花に触れる機会がないのですが、

ふと生花のフラワーアレンジメントが載っている冊子を眺めたら新鮮に感じました。

 

工房にあるドライフラワーたちが好きなことに変わりはないんです。

ただ、たまには趣味として生花をアレンジするのもいいかなと、ちょっと思いました。

それと同時に、ドライフラワーでももっといろんなアレンジメントを作ってみたくもなりましたね。

 

個人的な見方ではありますが、ドライフラワーやプリザーブドフラワーは、どちらかというとたくさんお花を詰め合わせてぎゅっと作るフラワーアレンジメントが主流の気がします。

対して生花は、少ないお花で空間を活かしたフラワーアレンジメントもたくさんあるように思います。

 

ドライフラワーならではの、ナチュラルな雰囲気でお花をたくさん束ねるのは私も大好きなのですが、

無い物ねだりでしょうね、

少ないお花で枝や茎の流れを意識したフラワーアレンジメントもやっぱりかっこいいんです。

ドライフラワーでその雰囲気を表現してみたくなりますね。

 

ただ、

工房で開催中のワイルドフラワーを学べるレギュラーコースでは、空間を意識したフラワーアレンジメントも出てくるので、

全くこれまでにないわけではありません。

個人的に最近作ってないフラワーアレンジメントにチャレンジしてみようと思います。

 

オーストラリアの自然で育った、豊かな表情があるワイルドフラワーを学べるレギュラーコースの概要はこちらからどうぞ。

 

それでは、今回はこの辺りで・・・